お待たせしました!ABC検診を始めました。

かわいいABC検診とは?

ABC検診とは、簡単に言えば、胃の健康度を知る検査です。
従来から行われていたペプシノーゲン(PG)検査と胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因と考えられているヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)抗体価検査を組み合わせて行う検査です。

この検査は採血のみの検査なので、非常に短時間で終了します。

胃は気になるけれど、バリウム検査や胃カメラはちょっと・・・あせあせ(飛び散る汗)という方にお勧めです。

かわいい胃がんの原因はピロリ菌?!

最近の研究で、ピロリ菌の持続感染により、胃の粘膜が萎縮して胃がんが発生する可能性が高くなるということがわかってきました。

以前からピロリ菌が、胃がんの発生に関与していることはずっと言われてきましたが、ここ5年で数々の報告が出され、どの結果をみても胃がんの原因の最大要因はピロリ菌の感染であることがわかってきました。

ピロリ菌に感染すると、胃に炎症性の変化が起こります。
この状態が長く続くことで、表層性胃炎から萎縮性胃炎へと進行して行きます。急性の変化ではないので自覚症状はほとんどありません。このような状態が、数十年つづくと胃がんが発生すると考えられます。

もちろん、胃がんの原因はピロリ菌だけではありませんが、ピロリ菌感染に続く萎縮性胃炎は明らかにそのリスクを上昇させるのです。

かわいいどうやって判定するの?

ABC検診は、ペプシノーゲン検査(PG)とヘリコバクター・ピロリ抗体価検査でA〜Dの4つのグループに分類します。

分類

A群 

B群 

C群

D群

ピロリ菌

陰性

陽性

陽性

陰性

PG値

陰性

陰性

陽性

陽性

リスク

→→→→→→→→→→→高      

 

ひらめきA群:内視鏡検査は5年に一回でいいでしょう。
     1年あたりの胃がん発生頻度はほぼゼロです。

ひらめきB群:内視鏡検査は3年に一回は必要です。
     1年あたりの胃がん発生頻度は1000人に1人です。
     胃がんや胃潰瘍のリスクがあります。

ひらめきC群:内視鏡検査は2年に一回は必要です。
     1年あたりの胃がん発生頻度は400人に1人です。
     胃がん発生のリスクは高いといえます。

ひらめきD群:内視鏡検査は1年に一回は必要です。
     1年あたりの胃がん発生頻度は80人に一人です。
     胃がん発生のリスクはきわめて高いです。

 

D群はきっと不思議な感じがすると思います。ピロリ菌はいないのに、リスクが高い?

A群が感染がなく、萎縮も進んでいない人、B群は感染はしているが、萎縮は進んでいない人、C群は感染していて萎縮も進んでいる人・・・・D群は萎縮が進みすぎてピロリ菌が住めない環境になっていると考えるとわかりやすいですね。

演劇消化器の医師としては・・・・

やはりA群でも、基本的には年に一回は内視鏡検診を受けていただきたいと思います。
胃がんの原因はピロリ菌だけではないからです。

ただし、ABC検診は、内視鏡を受けようかどうしようか迷っている方には、決心をするとてもいい材料になると思います。もし、B〜Dと判断されたら、ちょっと勇気をだして胃カメラの検診を受けましょう。

胃がんは早期に発見し、適切に治療すれば完治します。

 

検診方法
簡単な問診と採血のみです。
予約は必要ありません。以下の時間までにご来院下さい。
◎月〜水・金曜日→17:00
◎土曜日→11:30

料金4400円(税抜

 

結果約2週間で結果をお渡しできます。

    2週間後に窓口にお越し下さい。

exclamation以下の方は検診対象になりません。
・胃潰瘍等で治療中
・胃切除後
・腎不全
・ピロリ菌除菌後

 

電話ご不明な点は、電話または窓口でお問い合せ下さい。

 

 

 

ご家族みんなでかかれるファミリークリニック

CL058_L.jpg

一般内科から消化器内科、外科として性別をとわずに、幅広い年齢層の方が安心して通院できる、地域のプライマリークリニックを目指しております。

 

 

 

 

 

インフルエンザ様症状のある方へ

ひらめき感染拡大防止のため、以下の注意点を守ってください。ひらめき

1まずはお電話をください。

2受診時は、かならずマスクをご着用の上、ご来院ください。マスクは診察室内でも指示があるまで外さないでください。

※基本的に、マスクは個人でご用意ください。どうしてもお持ちでない方は、受付にお伝えください。受付に在庫がある間は実費で購入可能ですが、今後マスクの在庫が少なくなることが予想されますので、できるだけ個人でのご用意をお願い致します。

3受診時は、かならず発熱や咳症状の有無をスタッフにお伝えください。

4受付が済みましたら、スタッフの指示した場所でお待ちください。

インフルエンザが確定したら・・・

1インフルエンザの流行を拡大させないために、喉の痛みや発熱など、症状が始まった日の翌日から7日目まで、あるいは熱が下がってから2日目までは、人が集まる場所での活動を可能な限り避けましょう。

2再診は次のようにしてください。

診断日から7日目の時点で、熱が下がって丸2日たっていたら、一度受診してください。合併症の有無などについて診察いたします。

どんっ(衝撃)インフルエンザは、発症後、解熱した後でも約7日間はウイルスを排出している可能性があるという見解があります。周囲への感染拡大を防ぐためにも、この期間は外出を控える方が良いでしょう。

◎患者様へのお願い◎

かわいい診療・健診等でご来院される皆様へ かわいい

ご来院時、香水の使用はお控えくださるようお願い致します。

クリニックには、嘔気や咳症状のある患者様もいらっしゃいます。

香水などの匂いによって嘔吐反射や咳が誘発されてしまう場合もあります。

身だしなみとお考えの方もいらっしゃると思われますが、医療機関をご利用の機会には、香水やにおいの強い整髪料、制汗スプレーなどをつけない配慮をお願い致します。

◇お知らせ◇

病院武蔵野市・特定健康診査・集合契約B(武蔵野市民対象)→詳細はひらめきこちらをご覧下さい

病院武蔵野市・肺炎球菌予防接種(65歳以上の武蔵野市民対象)

上記の健診、検査、予防接種を当院でも実施しています。

全て予約制となりますので、事前に電話または受付窓口にてご予約ください。

 

※集合契約Bによる特定健診は、受診券毎に有効期限が異なります。記載されている有効期限内にお受け下さい。また、期限にゆとりを持ってご予約くださいますようお願い致します。

詳細は、当院までお問い合せ下さいphone to0422-39-5315

大好評!ベーシックライトのご案内

4月からスタートした、当院オリジナルの健診プラン「ベーシックライト」のご案内ですぴかぴか(新しい)

予約不要、血液検査のみのお手軽なプランです。

貧血・肝機能・腎機能・脂質異常等の数値を確認でき、結果にはドクターからのコメントや、生活習慣についてのアドバイスも付いています。

「時間がない・・・」「採血だけしたい・・・」という方にオススメですひらめき

短時間で基本的な検査項目のチェックができるので、ご好評を頂いておりますexclamation×2

 

詳細はこちら

※重要なお願い※

最近、検査中あるいは診察中に携帯電話が鳴り出し、検査や診察が中断となってしまうことが多々あります。クリニックに入る際は必ず、携帯電話の電源を切るようお願い致します。

クリニックには多くの医療機器があり、携帯電話の電波で障害が出ることがあるばかりでなく、患者様の中にはペースメーカーなどを装着している方もいらっしゃいます。クリニックに入る前に、必ず電源をお切り下さい。(マナーモードの使用もおやめください。)

小さいお子様をお連れになる患者様へ

ひらめきお願い ひらめき

安全管理の観点から、当院では診察や検査の際に看護師や医療事務のほうでお子様をお預かりすることはしておりません。

やむを得ず、お連れになる場合は、ベビーカーをお持ちいただくか、待合室でみていただけるお連れの方とともにご来院下さい。

抱っこやおんぶで受診された場合、診察や採血などの必要な検査ができないことがありますのでご了承下さい。

※また、当院を待ち合わせ等にご利用されることも、安全管理の観点からお断りしております。

少しの間だから・・・手はかからないから・・・といわれる方もいらっしゃいますが、大切なお子様に万が一お怪我などがあっては困りますので、ご理解とご協力の程お願い致します。